日本の医療と検査の苦痛軽減に関して

日本人の平均寿命は世界一ですが、背景にあるのが医療の充実です。
かつては苦痛を伴っていた検査ですが、現在は楽に検査を受けることが出来ます。
最たる例と言えるのが、内視鏡ではないでしょうか。
とりわけ胃カメラの検査においては、反射がきつく敬遠をする方が多くいた実情があります。
しかし、鼻からカメラを挿入することで、スムーズに検査が行えるようになりました。
また、鎮静剤の使用も負担の軽減に大きな効果をもたらしてくれています。
早期の発見と治療をすることで、がんは確実に治る時代がやって来ています。
病院を怖がらずに、掛かり付け医を決めておくと良いのではないでしょうか。
人間観ドックも重要ですし、一年~二年に一度は受けるようにして下さい。
がんの部位によっては効果の薄い検査もありますし、状況を見極めて検査を行うことが大切です。
膨らみ続ける医療費の抑制にも繋がりますし、国民一人一人の意識を高めることが大切ではないでしょうか。